鹿児島空港など「顔認証を活用したおもてなしサービス実証実験」を開始

News/お知らせ

 鹿児島空港(KOJ)のある霧島市、日本航空(JAL)、日本電気(NEC)、公益社団法人霧島市観光協会と共に「顔認証を活用したおもてなしサービス実証実験」を3月24日から4月21日まで実施するとの事です。

 JALとNECは既にデジタル技術を活用したニューノーマル時代の安全で安心な旅の実現に向けて協業しており、今回は霧島市、霧島市観光協会と共に地域活性化や新たな旅行体験の可能性を検証するとの事です。
 具体的な内容としては、新型コロナウィルスの影響かにおいて顔認証でのラウンジへのスムーズな入室、霧島市内での顔認証を用いた新感覚のスタンプラリーとの事です。

 NECが持つ世界レベルの認証制度を誇る顔認証技術を用いて生体認証データをIDとして利用し、本実証事件を行うとの事です。

 新型コロナの影響下で、接触を伴い認証システムで安全でスムーズなラウンジへの入室や利用者の良い体験が可能になると様々な箇所への導入のはずみになりそうですね。マスクを着用したままでも認証が可能との事です。

ソース:
(共同リリース)鹿児島空港・霧島市内にて「顔認証を活用したおもてなしサービス実証実験」を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000466.000030684.html

タイトルとURLをコピーしました