JR東日本の東京駅と羽田空港を結ぶ「羽田空港アクセス線」が事業許可

News/お知らせ

先日2021年の1月20日にJR東日本の東京駅と羽田空港を結ぶ「羽田空港アクセス線」が国土交通省から事業許可されたというニュースです。

ルートは、羽田空港新駅(仮称、以下同じ)を発車したのち、新規に建設される「アクセス新線」の地下トンネルを走り、地上の東京貨物ターミナル駅、そこからは既存の「大汐線」という貨物線を通り、田町駅手前で再びトンネルに入り、再度出たところで東海道本線の線路と合流し、上野東京ラインので各方面へつながるという線になるそうです。

所要時間は羽田空港新駅から東京駅まで約18分との事でかなり早いですね。
その間の駅は新橋になるようです。

開業予定は2029年(令和11年)との事です。

事業費(予定)が3,000億円との事でかなり巨額の投資となりますが、新型コロナ禍で大変な中で予定通り進められるのかも気になるところです。
また、JR東日本が株式でマジョリティの東京モノレールへの影響なども気になりますね。

出来ると非常に便利になりそうな気がしますが、社会や景気などの先行きが不透明な中での発表ですので実施にどうなっていくのかはウォッチして行ければと思います。

ソース:乗り物ニュース、JR東日本のニュースリリース
https://trafficnews.jp/post/103981
https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210120_ho02.pdf

タイトルとURLをコピーしました