成田空港でANAが初めてサスティナブル エイビエーション フューエル(Sustainable Aviation Fuel、SAF)を導入

10月26日のリリースで、成田空港(NRT)で、全日空(NH、ANA)がSAF(サスティナブルエイビエーションフューエル、Sustainable Aviation Fuel)と呼ばれる燃料を導入する事を発表しました。

SAFは今までバイオジェット燃料と呼ばれていたもので、フィンランドに拠点を置く世界有数のSAF会社であるNESTEから調達し、10月28日の成田空港のANAのフライトから導入されるとの事です。

全日空によると、 今回の燃料を使用する事で既存のジェット燃料使用時に比べて約 90%の CO2 削減効果が証明されているとの事です。(しかも、日本までの燃料の輸送を含めとの事です。)

また、今回の成田空港での取り組みは、 従来のジェット燃料と同様に、SAF が航空燃料パイプラインにより輸送され、これは国内空港初の取り組みとなるそうです。( 約47kmの航空燃料パイプラインにより成田空港まで輸送されるそうです。)

SDGsやESG投資など環境関連の取り組みが広がる中で、空港や航空会社がCo2削減に取り組む時代が本格化しそうですね。

ニュースソース:
成田空港 2020年10月26日に発表ニュースリリース(PDF)

スポンサーリンク
サイドナビ
サイドナビ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
サイドナビ